スーパーよりも安いローカルマーケットで食材を買ってみては

マレーシアで生活をするにあたって、普段の買い物をスーパーマーケットでしているという方も多いのですが、せっかくならばローカルなマーケットでお買い物をしてみることもオススメいたします。

ただし、外国のローカルマーケットというのは、現地の人ばかりで言葉も通じないし何だか入りづらい…というイメージがあるかも知れません。

ただし、マレーシア人の多くが英語を話すことが出来ますからこうしたローカルマーケットであっても問題なく英語で注文をすることが出来るのです。

特に、マレーシアの物価の中で安いのが農産物です。

たとえば、スーパーマーケットであったとしても、スイカは1玉100円前後で購入することが出来ます。

その他の農産物に関しましても、大体日本と比べると4分の1から5分の1程度で販売されているので、野菜や果物などに関しては全く困ることはありません。

普段外食ばかりだという場合には農産物を買わないという方も多いかも知れませんが、外食ですと野菜が不足しがちですから、簡単に果物などを買って自分で食べる習慣をつけると良いかもしれません。

ご家族でマレーシアに滞在していて、料理をされるという方ならば、こういった非常に安い価格は嬉しいかと思います。

スーパーマーケットでもこのようにとても安い価格で売られてはいるのですが、さらにローカルマーケットであれば、本物のローカル価格で購入することが出来るのです。

マレーシア人の友人などが居れば、オススメのローカルマーケットに連れて行ってもらうと良いでしょう。